掲示板

本文へ移動

投稿フォーム

 
記事の編集・削除時に使用。半角英数字で8文字以内
(左の入力欄に「鮭とイクラの親子丼」と入力してください)

No.8 - PEのない外国法人の青色申告について-2
投稿者:4号法人 投稿日:2009/07/07 ( Tue ) 01:03:02  [ 返信 ]
 No7のご回答を拝見いたしまして、条文解釈の質問をさせていただければと思いまして質問を投稿いたしました。

 法人税法4条には外国法人は国内源泉所得を有する場合のみ法人税の納税義務があるとされております。
一方、145条には、内国法人の申告義務を定める74条1項が制限なしに準用されているところからすると4条とは関係なく、申告義務を有するとも読めます。そうすると、青色欠損金を引き継ぐために『0』申告を提出することが可能となると思われます。

 この点はいかが考えたらよろしいでしょうか?
No.9 - Re:PEのない外国法人の青色申告について-2
投稿者:高山政信 投稿日:2009/07/11 ( Sat ) 15:22:15 
 No7の回答に対する質問ということであれば、もう一度、前回の解答を読みなおしていただければと思いますが、重複を厭わずに回答すると、そもそも、145条は、法人税の総合課税(確定申告)の対象となる国内源泉所得がある場合の申告等について規定しているものと解されているものと思います。したがって、青色欠損金の引継ぎ等の準用の規定も、確定申告ができる国内源泉所得を前提にしていることになると思います。
 前回の回答でも書きましたが、「0」申告したらそれを否認する形の税務署からの処理があるかは、その後、繰越欠損金の利用する段階での問題となると思います。
No.6 - PEのない外国法人の青色申告について
投稿者:halsim.exTRTB 投稿日:2008/06/10 ( Tue ) 15:23:32  [ 返信 ]
高山先生

いつも拝見させていただいております。
手続き的な質問のため参考となる文献が見当たりません。ご教示いただけますと幸甚です。

日本に支店等(PE)を持っていない外国法人が日本の上場会社の株を25%以上保有していました。昨年、いわゆる事業譲渡類似取引といわれる5%以上の譲渡を行い、申告義務が発生しましたが、このとき、青色申告の届出を提出し、譲渡損による繰越欠損金を将来の譲渡益に充当できるものなのでしょうか?

根本的な疑問は、青色申告で繰越欠損金の充当が認められるのは連年申告書を提出していた場合のはずです。
PEのない外国法人のように申告義務が常にあるわけではない法人の場合、その適用が不可能なのではないかと感じます。
実務上、「0」申告を提出し続けるものなのでしょうか?
No.7 - Re:PEのない外国法人の青色申告について
投稿者:高山政信 投稿日:2008/06/11 ( Wed ) 14:01:13 
 質問していただきありがとうございます。
面白い質問をしていただけると、私自身の勉強にもなるので、非常に助かります。
今後ともよろしくお願いします。

 結論から先にいいますと、無理だと思います。理由は、次のとおりです。
 法57の11項では、欠損金額の生じた事業年度について確定申告書を提出し、かつ、その後において連続して確定申告書を提出している場合に限り認められます。
 そして、法142(国内源泉所得に係る所得の金額の計算)において、内国法人の各事業年度の所得の金額の計算の規定を準用することとされ、特に、繰越欠損金の規定について、留保が付されていません。法令188でも、特に、繰越欠損金については触れていません。

 したがって、内国法人の場合に準じて、連続して確定申告書を提出するという要件を充足できれば、欠損金を利用できることになります。

 しかしながら、「0」申告するといっても、日本での総合課税対象の国内源泉所得がなければ、そもそも、確定申告義務がないため、連続して確定申告書を提出できないことになります。
 実務上、郵便で提出した場合、その内容を確認するわけではないので、事実上、収受印を押してもらえますが、実際に欠損金を控除する段階で、税務調査により、過去の「確定申告書」(と称するもの)の無効を宣言されて、控除を認められないことになると思います。

 そもそも、PEがない法人の確定申告義務というのは、非常に限定的ですので、その後の株式の譲渡益に充てるという考えがある場合は、国内にそれなりのスタッフ(アウトソーシングの場合も含みます。)を有していると思いますので、現状の国税の執行のスタンスからは、わが国にPEを有すると考えるのが妥当だと思えます。
No.2 - 掲示板が復活しました
投稿者:高山政信 投稿日:2008/03/12 ( Wed ) 23:24:08  [ 返信 ]
 掲示板を再開します。
 質問等を書き込まれる場合、細部の質問等をすることがありますので、フリーメール等のメールアドレスで結構ですので、それも書いておいて下さい。

現在 33 件の書込みがあります
ページ数 : 1 / 2 /
 
【記事の編集・削除】